トップページへ 地掘り栽培とは 栽培品種の一覧 畑からの直売情報

パンジーを種から育ててみよう

パンジー・ビオラは本来は春の草花でしたが、近年では品種改良が進み冬の開花性が向上したうえ、温暖化の影響で
冬の気温が年々高くなってきていることも手伝って、すっかり秋の花になってしまった感があります。しかし、その分5月の
初夏の季節まで長く楽しむことができます。育苗もあまり早い時期に蒔かなければ比較的容易にできるので、ご自分で
挑戦している方が年々増えているようです。ぜひ、みなさんも種まきからの栽培に挑戦してはいかがでしょうか。  


パンジーを種から育てたくてもなかなかうまくいかないという方や初めて種をまいてみようという方の
参考になればと思い、2005年シーズンに実際に行なったパンジーの庭先栽培の様子をのせてみました。

その@準備するもの(8月20日)
まずは種。園芸店やホームセンターなどで安価に手に入ります。品種に凝るなら種苗会社(サカタやタキイなど)の
通販でいろいろなものも選ぶことができます。最近では100円ショップでも売っています。今回はホームセンターで買った
タキイの混合種と100円ショップで買ったビオラの混合種をまいてみることにします。種まきをする入れ物はプラスチックの
箱トレー(底が網目で水はけが良いもの)を用意し、用土は市販の培養土にしました。種は8月20日頃購入し、冷蔵庫の
野菜室に10日間ほど入れておきます。種まき前に低温にしておくことによって発芽率が良くなるということが言われています。
       


そのA種まき(8月30日)

箱トレーに5〜6センチの深さに培養土を入れてまんべんなく種をまきます。このとき一ヶ所にたくさんの種がこぼれないように
注意します。密度がこくなると苗が細く育ってしまうためです。覆土にはバーミキュライトが理想ですが培養土が余ったので
そのまま同じもので覆土しました。3ミリ目のふるいを使って均一になるようにしました。種がかくれる程度が目安です。
一般的に覆土は種の大きさの3倍程度が理想だといわれています。あとは底から水が流れ出るほどたっぷりと
水やりをします。このとき水をたっぷりやってもすうっとしみ込んでしまうような水はけの良さが大切です。あとは家の北側などの
日中陽が差さない涼しい所に置いておきます。8月末になると暑苦しい熱帯夜も少なくなり、発芽も心配ないと思います。
パンジーの理想の発芽温度は20度〜25度だそうです。よく発芽するまでクーラーボックスや冷蔵庫に入れるという方も
いらっしゃるようですが、真夏の暑い時期でなければ屋外の初秋の空気にさらす方が発芽も自然に進むと思います。
冷蔵庫などの低温の場所の方が発芽も揃い発芽率も良くなりますが、出すタイミングが少しでも遅れるとひょろひょろと伸びて
モヤシ状態になってしまいがちです。(そうならないように種が割れて芽がもち上がりだしたらすぐに外の涼しい所に出しましょう)
       




そのB発芽(9月5日)
比較的涼しい日で推移し、昨日から関東地方でも台風14号の余波で局地的に記録的な大雨が降りました。
湿度も高いため、土の乾きも鈍くそれほど水やりには気を使っていません。あいかわらず家の北側の風通しの良い
ところに遮光もせず置きっ放しでしたが、タキイの混合種の方が芽を出し始めました。100円ショップの方はまだ
その気配もないようです。天気が良ければもうしばらく日陰に置くところですが、まだ2〜3日はぐずついた天気が
続くようなので家の南側に移動し、天気が回復したら日中の時間帯だけヨシズの日陰の下になるようにします。

この時期の一番のポイントは発芽直後の扱いです。冷暗所などで発芽させている場合などはすぐに出さないと
あっという間にモヤシ状態になってしまい手遅れとなります。水も渇いてきたらやる程度であまり頻繁すぎても
柔らかく育ってしまいます。パンジーは暑さ嫌いとはいっても植物である限りは日光が必要です。本葉が出るまでは
午前9時から午後3時くらいまでの比較的気温の高い時間帯に遮光してあげれば十分だと思います。
この時期で苗の良し悪しの50パーセントが決まるようなものですが、朝晩にチェックしていれば大丈夫です。


そのC本葉展葉(9月13日)
発芽も進み出揃った感じです。タキイの混合種の方は120ほどあるので、かなりの割合で発芽していると思います。
100円ショップの方は2袋合わせて0.1ミリとタキイの2分の1の種の量だったとはいえ、いまだに15本ほどしか
発芽しておらず、残念ながら発芽割合は低いと思われます。乾かないようにチェックしながら朝晩を中心に水やりを
しています。置く場所も家の北側の一日中陽の当たらないところから、朝は午前10時まで、午後は3時から
陽が当たるところに移しました。(家の南側の庭の梅の木の下です) タキイの方は本葉が展葉しだしたところです。
    
今のところあまり間伸びもしておらず順調といえるでしょう。まだ液肥などの追肥は与えていません。この時期のポイントは
乾き過ぎないようにすることと、なるべく陽に当ててあげることです。このところの残暑はとても厳しいので、うっかりすると
すぐカラカラになってしまいます。かといって乾かないように日影ばかりに置くとモヤシ状態になり手遅れとなります。


そのD液肥を与える(9月17日)
日中の最高気温も30度を割るようになり、朝晩もかなり涼しくなってきたので一日中よく陽の当たる場所に置きます。
ハイポネックスの1000倍液をジョウロでたっぷりしみ込むように与えました。発芽数はあまり変化はないようです。
100円ショップの方は相変わらずあまり芽が出ていないのでこれ以上期待せずにあきらめることにします。
よく出ているタキイの混合種が順調に生育しているので、さらに丈夫に育つように見守っていきたいと思います。
この時期は朝晩に乾いたら水をあげる程度であまり過湿にならないように注意していればよいでしょう。
ここまでくれば50パーセントは成功、種まき後一ヶ月程度の時期を鉢上げの目標として観察を続けます。


そのD観察(9月21日)
本葉もしっかりしてきました。鉢上げしようと思えばできなくはありませんが、種まき後1ヶ月を目安としてきましたので
あと10日ほど様子をみることにします。あまりあわてても、うまく活着しなければもともこもありません。
    


そのE観察(9月23日)
彼岸に入って朝晩はもちろんのこと日中の気温も平年並みに落ち着き、曇りがちの日も続いたことで苗の成長も
すくすくと進んでいるようです。本葉も3〜4枚目が出はじめて、葉の輪郭もぎざぎざがはっきりしてきました。



そのF定植(10月1日)
8月30日の種まき以来、ちょうど1ヶ月が経過し葉も肉厚になり植え替え可能な状態になりました。
9月半ば以降2回ほど液肥を与えて様子を見ていましたが、お彼岸頃からようやく秋らしい陽気が続き
この1週間くらいで苗もしっかりしてきたので当初の目標どおり定植をすることにしました。
       
9センチのビニールポットを使い移植することにします。用土は種まきに使った残りが十分あるのでそれを使います。
細かい根をあまり切らないように丁寧に苗を掘り出します。人差し指で土に穴を開けて根がしっかりと埋まるように
葉の茎が出始めている根との分岐点まで植え込みます。浅すぎると苗がふらふらしてしまうし、深すぎると成長点が
埋まってしまいちゃんと活着しません。苗も多少の大小があるので、大きめのものは1本づつ植えますが
小さめのものは中くらいのものと一緒に2本植えにしてみます。これは営利栽培でも行なっているくふうです。
         
タキイ種苗の混合種は67ポット植えることができましたが、100円ショップの方は発芽が最悪だったので
5ポットしかありませんでした。植え終わったあとにたっぷりと潅水し、日の良く当たるところで育てます。



そのG活着(10月7日)
定植から1週間が経ち順調に根付いてきたようです。本葉もさらに2〜3枚展葉してます。
水やりは午前中のうちに表土が白く乾いてきたらたっぷりとあげるようにしますが、
秋雨前線が停滞しているせいで曇りがちの日が多く、あまり神経を使わなくてもすみます。
左下の写真は1本植えのもの、右下は2本植えのものですが、どちらも大差なく育っています。
         


そのH薬剤散布(10月23日)
10月半ばになってようやく秋らしい天気が続くようになり、朝晩の冷え込みも増してきました。苗も順調に
展葉し花芽が付くのも時間の問題です。3日ほど前からヨトウムシらしきものに1鉢食害され始めてしまい
営利パンジーの防除のついでに同じ薬剤を散布しました。
         


そのI開花目前(11月1日)
このところの好天続きのせいか、株もまたひとまわり大きくなりポットの中の根もじゅうぶんに広がってきました。
根がポットの中でまわりだす状態になってくると栄養成長から生殖成長へと移り花芽の分化が始まります。
    

いくつかの株にははっきりとした花芽が持ち上がってきています。開花までは数日です。
    


トップページへ戻る